坂本小屋

和食 三重県 あまご料理専門店 坂本小屋

HOME

 

あまごを味わう

こだわりのあまご

坂本小屋ご案内

インフォメーション

土産・贈答品・通販

コンタクト

 

 

HOME»  坂本小屋の魅力

こだわりのあまご

 

坂本小屋の魅力

アマゴの質

アマゴの質

 

養殖により、店舗敷地内で稚魚から飼育をしたアマゴのみを使用。
他から親魚や稚魚を導入はいたしません。

そのため、渓流釣りによるアマゴの持込などは一切調理・対応出来ませんのでご了承下さい。

皆様に「限りなく天然に近い養殖のアマゴ」を食べて頂きたいからこそです。ご理解下さい。

≫何故養殖なの?その理由はこちら!!

 

自然の中の非日常空間。

坂本小屋の魅力は立地条件にもあり!
人里はなれた大自然の中、絶品のあまご料理を頂いてもらう・・・。

春夏秋冬、一年を通して、四季を楽しむことが出来ます。

日本だからこそ味わえる最高の贅沢を。

 

自然の中の非日常空間。

 

養殖だから出来る技

養殖だから出来る技

 

あまごは秋になると繁殖期で卵を抱えるためどうしても本来より味が落ちてしまいます。

そのため坂本小屋では秋が近づくと日照時間を長めにとって、夏の環境に近づけさせます。そうする事でアマゴが「まだ秋ではない」と本能的に感じるのです。

これはある意味「養殖だから」出来る技です。

 

アマゴの採卵方法

毎年、秋10月中旬頃から2週間ほどアマゴの採卵をします。

 

卵を出す

卵を出す

 

アマゴの雌から手で絞って卵を取り出します。

1尾の雌から1,000個くらいの卵が取れます。

1粒あたり約5mm、0.1gほどの大きさです。

 

受精

受精

 

採卵をした卵に、

雄の精子をかけます。

 

発眼

発眼

 

受精後、約20日で発眼します。
(卵に眼が出来ることです)

このときに卵の平均重量、総卵数を計測します。

 

孵化(ふか)

孵化(ふか)

 

発眼より10日ほどで孵化します。
「アマゴの赤ちゃん誕生」!

お腹に袋(さいのう)をつけて孵化します。

約1ヶ月そのさいのうの栄養分を吸収して育ちます。

 

稚魚

稚魚

 

孵化後1ヶ月たちますと、お腹もすっきりして水面へ浮上します。

体長約3cm位です。

 

成魚

成魚

 

採卵より約1年で成魚に育ちます。

 

お問い合わせはこちらから

 

必ずご予約のうえご来店下さい。